三木 秋穂の記事一覧( 2 )

古物営業のここが知りたいQ&A
「古物営業のここが知りたいQ&A」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。古物営業を始める前や、始めようと思って許可を取得する手続きについてや、許可を取得して営業を始めた後に生じる疑問点について、Q&A方式でまとめてみました。兵庫・明石・淡路島で古物営業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せく...
【改正】古物営業法4つのポイント!
「【改正】古物営業法4つのポイント!」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。営業許可手続きの簡素化、営業制限の見直し、簡易取消し制度の新設、欠格事由に暴力団排除規定を追加するなど、近年の営業所の全国展開の増加など、古物営業の態様の変化等に伴い古物営業法が改正され2018年4月25日に公布されました。兵庫・明...
公正証書遺言作成の4つのメリット
「公正証書遺言作成の4つのメリット」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。個人事業主、株式会社、合同会社など、業として建設工事の完成を請け負い、軽微な工事以外の工事を施工する請負業者は、すべて建設業の許可が必要です。兵庫・明石・淡路島で建設業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!
公正証書遺言作成の費用はどれくらい?
「建設業許可のキホン」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。個人事業主、株式会社、合同会社など、業として建設工事の完成を請け負い、軽微な工事以外の工事を施工する請負業者は、すべて建設業の許可が必要です。兵庫・明石・淡路島で建設業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!
公正証書遺言作成の必要書類
「建設業許可のキホン」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。個人事業主、株式会社、合同会社など、業として建設工事の完成を請け負い、軽微な工事以外の工事を施工する請負業者は、すべて建設業の許可が必要です。兵庫・明石・淡路島で建設業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!
遺言書は、いつ書いたらいいの?
「遺言書は、いつ書いたらいいの?」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。個人事業主、株式会社、合同会社など、業として建設工事の完成を請け負い、軽微な工事以外の工事を施工する請負業者は、すべて建設業の許可が必要です。兵庫・明石・淡路島で建設業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!
遺言書を作っておくべき人はこんな人!
「遺言を作っておくべき人はこんな人!」を兵庫・明石・淡路島の公正証書遺言書き方相談所が徹底解説。将来のことを考え、遺された財産を巡って相続人の間で問題が起こる可能性が高いに人は、元気なうちに遺言書を作っておくことをお勧めいたします。兵庫・明石・淡路島で公正証書遺言の作成をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せくださ...
建設業許可取得の3つのメリット!
「建設業許可取得の3つのメリット!」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。建設業の許可を取ると、500万円以上の工事を請負うことができたり、対外的な信用度が上がったり、工事の受注が有利になったりと多くのメリットがあります。兵庫・明石・淡路島で建設業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せくださ...
知事許可と大臣許可の違い
「知事許可と大臣許可の違い」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。知事許可は兵庫県のみに営業所を置く場合、大臣許可は兵庫と東京のように2つ以上の都道府県に営業所を置く場合に必要になります。兵庫県のみに複数の営業所があっても知事許可を受けることになりますが、1か所でも県外に営業所を置く場合には大臣許可が必要に...
特定建設業と一般建設業の違い
「特定建設業と一般建設業の違い」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。特定建設業と一般建設業では、元請として工事を請け負った場合に下請に出せる金額が異なります。発注者から直接請け負った建設工事について、下請金額の総額が4,000万円(建築一式工事の場合は6,000万円)以上となる下請契約を締結して施工しよう...