コラム

古物商の標識の様式について

「古物商の標識の様式について具体的に知りたい。」
この記事は、そんな疑問をお持ちのあなたへ向けて書いています。下記の記事を読み進めていただき、あなたの古物商許可についての疑問解決となれば幸いです。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

この記事のチェックポイント
ポイント1  古物商の標識は、材質や色やサイズなど様式が定められている。
ポイント2  標識は、防犯協会やネットショップで購入可能。
ポイント3 ホームページを利用して取引きをする場合は、名称等をホームページに表示する必要あり。

標識の様式

古物商の標識は、古物営業法施行規則により様式が定められています。標識の下欄には、上の様式例の「合同会社 防犯営業」のように、古物商の氏名または名称を記載します。
名称とは、個人許可の場合は許可者の氏名、法人許可の場合は法人の正式名称です。(屋号ではありません。)

上の所定様式のほか、社団法人日本中古自動車販売協会連合会などの古物商の団体が、その会員に共通して利用させるものとして定めた様式で、国家公安委員会または公安委員会の承認を得たものを用いることもできます。

標識を作る時の注意点

  • 材質は、金属、プラスチックまたはこれらと同程度の耐久性を有するもの。
    ※金属板、プラスチック板と同等のもの。紙ベースのものは不可。
  • 色は、紺色地に白文字。
    ※表示内容が容易に改変できないもの。
    ※紙に印字してプラスチック板に貼り付けるだけでは不可。
  • 番号は12桁の許可証の番号を記載。
  • 大きさは、縦8センチメートル、横16センチメートル。
  • 「○○○商」の「○○○」部分には、営業所または露店において取り扱う古物の(2つ以上の古物を取り扱う場合は、主として取り扱う古物)を記載。

取り扱う古物と標識の記載

  • 美術品類→美術品商
  • 衣類→衣類商
  • 時計・宝飾品類→時計・宝飾品商
  • 自動車→自動車商
  • 自動二輪車及び原動機付自転車→オートバイ商
  • 自転車類→自転車商
  • 写真機類→写真機商
  • 事務機器類→事務機器商
  • 機械工具類→機械工具商
  • 道具類→道具商
  • 皮革・ゴム製品類→皮革・ゴム製品商
  • 書籍→書籍商
  • 金券類→チケット商

標識を購入するには?

標識の購入場所・方法はというと、都道府県の防犯協会やamazon等のネットショップで2,000~3,000円で購入することができます。
大阪府防犯協会(大阪府外でも申し込み可能)  http://www.daibouren.or.jp/html/hyousiki/syouhyou.html

ホームページを利用した取引を行う場合

ホームページを利用した取引を行う場合は、原則として取り扱う古物に関する事項と共に、古物商の氏名または名称、許可をした公安委員会の名称、許可証の番号を個々のホームページに表示しなければなりません。

ただし、例外的に以下の方法でも認められます。例1:トップページに以下の3点を表示
1.許可を受けている人の氏名または名称
許可証に記載されている「氏名または名称」(略称は不可)。個人許可であれば名前のフルネーム、法人許可であれば法人の正式名称。屋号やサイト名ではありません。
2.許可を受けている公安委員会の名称
兵庫県内に営業所・事業所があれば、「兵庫県公安委員会」。
3.許可証の番号
12桁の許可番号。

例2:トップページから別ページへ
トップページに「古物営業法の規定に基づく表示」等のリンクを表記し、そこをクリックすると「氏名または名称」、「許可をした公安委員会の名称」、「許可証の番号」の3点が表記されているページにリンクされていること。
※「会社概要」等に表示しているだけでは違反になります。

まとめ

古物商の標識は、古物営業法法施行規則により様式が定められています。標識は、都道府県の防犯協会やamazon等のネットショップで2,000~3,000円で購入することができますので、購入して営業所ごとに見やすい場所に掲示しておきましょう。また、 ホームページを利用する場合は、名称等をそのホームページに表示する必要がありますので、表示を忘れないようにしておきましょう。

古物商許可申請でお困りでしたら、兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所にお任せください!