コラム

忘れちゃいけない!許可証の書換申請と変更届出

「忘れちゃいけない!許可証の書換申請と変更届出」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。許可証に記載されている許可者の氏名や住所、法人の代表者氏名や住所などが変更になった場合は、許可証の書換申請が必要になります。また、その他取扱い品目の変更などがあった場合は、変更の届出が必要になります。また、書換申請、変更届出は、変更があった日から14日以内にしなければなりません。兵庫・明石・淡路島で古物営業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!

古物商の許可申請をしよう!(法人申請編)

「法人で古物商の許可申請をする場合の必要な書類」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。古物の許可申請に必要な書類をチェック!古物商の許可申請は、 許可申請書の他に住民票などの添付書類が必要です。また、 警察署によってさらに追加書類の提出を求められることがあるので事前確認が必要になります。兵庫・明石・淡路島で古物営業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!

要チェック!!古物商の防犯3大義務

「要チェック!!古物商の防犯3大義務」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。古物商の許可を取得して、いざ営業を始めようとする場合に、必ず守らないといけない防犯上の3大義務(本人確認義務・取引きの記録義務・不正品の申告義務)があります。これらは、盗品の流通を防止するための重要な義務なので、正しく理解して義務を果たしましょう。兵庫・明石・淡路島で古物営業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!

古物営業のここが知りたいQ&A

「古物営業のここが知りたいQ&A」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。古物営業を始める前や、始めようと思って許可を取得する手続きについてや、許可を取得して営業を始めた後に生じる疑問点について、Q&A方式でまとめてみました。兵庫・明石・淡路島で古物営業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!