コラム

古物商の許可申請をしよう!(個人申請編)

「個人で古物商の許可申請をする場合の必要な書類」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。古物の許可申請に必要な書類をチェック!古物商の許可申請は、 許可申請書の他に住民票などの添付書類が必要です。また、 警察署によってさらに追加書類の提出を求められることがあるので事前確認が必要になります。兵庫・明石・淡路島で古物営業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!

古物とは?

「古物とは?」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。一度使用された物品、新品でも使用のために取り引きされた物品、またはこれらのものに幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。古物は、古物営業法施行規則により、13品目に分類されています。兵庫・明石・淡路島で古物営業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!

【改正】古物営業法4つのポイント!

「【改正】古物営業法4つのポイント!」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。営業許可手続きの簡素化、営業制限の見直し、簡易取消し制度の新設、欠格事由に暴力団排除規定を追加するなど、近年の営業所の全国展開の増加など、古物営業の態様の変化等に伴い古物営業法が改正され2018年4月25日に公布されました。兵庫・明石・淡路島で古物営業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!