月次支援金の事前確認

月次支援金の申請を希望される中小法人・個人事業者さまへ。
行政書士秋穂法務事務所は、月次支援金の登録確認機関に登録されております。
商工会・商工会議所の非会員、農協・漁協の非組合員、金融機関と取引がない方、顧問の士業がいない方は、当事務所へ事前確認をご依頼ください。

月次支援金の具体的な給付要件などについては、下記の一時支援金事務局へお問い合わせください。

事前確認についての注意事項

事前確認のご予約をされる前に、下記の注意事項を必ずご確認ください。

事前確認の注意事項
1.申請期間は、 4月・5月分は2021年 6月16日~8月15日、6月分は2021年7月1日~8月31日ですので、申請受付開始後に予約してください。
2.予約は、予約専用フォームまたはLINEで受付します。
3.事前確認は、テレビ会議システムZoomにて行います。
4.登録確認機関は、あくまで定められた手順にしたがって形式的な確認を行うのみで、申請希望者が給付対象であるかどうかの判断は行いません。
5.事前確認の完了をもって、給付対象になるわけではありません。
6.事前確認の報酬をいただきます。

事前確認の報酬について

当事務所の事前確認報酬は、4,000円(税込)です。
事前確認修了後、PayPayまたは銀行振込にてお支払いください。

※登録確認機関は、月次支援金事務局から事前確認に関する事務手数料の支払を受ける場合には、申請希望者から事前確認の報酬を得ることはできません。当事務所は、事務手数料の支払を受けることを辞退しております。

事前確認の流れ

事前に申請IDを取得し、下記の必要書類を準備してください。

予約専用フォームまたはLINEで事前確認の予約をしてください。

テレビ会議システムZoomにて、書類の有無の確認や質疑応答による形式的な確認を行います。

事前確認の所要時間は、書類の内容によりますが20分程度です。

【事前確認の主な内容】
下記の内容について、事前確認を行います。
① 「申請ID」、「電話番号」、「法人番号・法人名(法人の場合)」、「氏名・生年月日(個人事業者等の場合)」の確認
② 本人確認
③ 「確定申告書の控え」、「帳簿書類」、「通帳」の有無の確認
④ 「帳簿書類」・「通帳」の確認
⑤ ③・④が存在しない場合、その理由について確認
⑥ 宣誓・同意事項等を正しく理解しているかについて口頭で確認

事前確認通知番号を発行

「事業を実施しているか」や「月次支援金の給付対象等を正しく理解しているか」等の確認後、事前確認通知番号を発行します。

※申請希望者が、事業を実施していることや月次支援金の給付対象等を正しく理解していることを確認できない場合には、事前確認通知番号を発行いたしません。

事前確認報酬のお支払い

PayPayまたは銀行振込にてお支払いください。

守秘義務・責任の所在について

登録確認機関である行政書士秋穂法務事務所は、事前確認に際し知り得た第三者の情報については、法令を遵守し適正な管理をし、事前確認の目的または提供された目的以外に利用しません。また、第三者の個人情報等の情報については、正当な理由なしに開示、公表、漏えいしません。

登録確認機関である行政書士秋穂法務事務所は、中小企業庁または月次支援金事務局が定める事前確認の方法に則って事前確認を実施しており、自らが事前確認した申請希望者が給付要件を満たさない申請・受給を行ったとしても、その責任を負いません。

お問い合わせ先

月次支援金の具体的な給付要件などについては、下記の一時支援金事務局へお問い合わせください。