守らないといけない10の義務

この記事のチェックポイント!
ポイント1
ポイント2
ポイント3
「民泊を始める時に、守らないといけない義務について知りたい。」
この記事は、そんな疑問をお持ちのあなたへ向けて書いています。下記の記事を読み進めていただき、あなたの民泊届出についての疑問解決となれば幸いです。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

  1.宿泊者の衛生の確保

・居室の床面積は、宿泊者1人当たり3.3㎡以上を確保する
・定期的な清掃及び換気を行う

  2.宿泊者の安全の確保

・非常用照明器具の設置
・避難経路の表示

  3.外国人宿泊者の快適性と利便性の確保

・外国語で、住宅の設備の使用方法に関する案内
・外国語で、移動のための交通手段に関する情報の提供
・外国語で、火災、地震等の災害が発生した場合の通報連絡先に関する案内

  4.宿泊者名簿の備付け

・本人確認を行った上で作成
・作成の日から3年間保存
・宿泊者の氏名、住所、職業、宿泊日を記載
・宿泊者名簿の提出(都道府県知事の要求があった場合)

  5.周辺地域の生活環境への悪影響の防止に関し必要な事項の説明

・騒音の防止のために配慮すべき事項
・ごみの処理に関し配慮すべき事項
・火災の防止のために配慮すべき事項
・外国人観光旅行客の宿泊者に対しては、外国語を用いた上記事項の説明

  6.苦情への対応

・周辺地域の住民からの苦情や問い合わせに対する適切かつ迅速な対応

  7.住宅宿泊管理業者への委託

住宅宿泊事業者は、以下の場合には、上記1~6の措置を住宅宿泊管理業者に委託しなければなりません。
①住宅の居室の数が5を超える場合
②人を宿泊させる間、不在(※)になる場合
(※)日常生活を営む上で通常行われる行為に要する時間の範囲内の不在は除く

  8.住宅宿泊仲介業者への委託

住宅宿泊事業者は、宿泊サービス提供契約の締結の代理又は媒介を他人に委託するときは、登録を受けた住宅宿泊仲介業者又は旅行業者に委託しなければなりません。

  9.標識の掲示

住宅宿泊事業者は、届出住宅ごとに、見やすい場所に、標識を掲げなければいけません

  10.県知事等への定期報告

住宅宿泊事業者は、届出住宅ごとに、毎年2月、4月、6月、8月、10月及び12月の15日までに、それぞれの月の前2月の下記の内容について都道府県知事等に報告しなければいけません。
[1]届出住宅に人を宿泊させた日数
[2]宿泊者数
[3]延べ宿泊者数
[4]国籍別の宿泊者数の内訳

The following two tabs change content below.
三木 秋穂
1972年、兵庫県淡路島生まれ。 県立三原高校(現淡路三原高校)、摂南大学法学部卒業。 大学卒業後、測量コンサルタント会社に約20年間勤務。国土調査法に基づく地籍調査、官民有地境界協定申請に伴う境界測量、災害現場を復旧するための測量など約300件の現場に携わる。 農地転用などの土地活用手続きにおいて行政書士資格の必要性があり取得。 現在は、土地を【測る】測量士から暮らしとビジネスの困りごとの解決を【図る】行政書士へ転身し、会社設立、在留資格、遺言相続手続きなどの法務サポーターとして走り続けている。 ランニングをして体力UP&長渕剛の唄を聴いて活力UP。