届出書の記載事項と添付書類

この記事のチェックポイント!
ポイント1
ポイント2
ポイント3
「民泊を始める時の、届出書の記載事項と添付書類について知りたい。」
この記事は、そんな疑問をお持ちのあなたへ向けて書いています。下記の記事を読み進めていただき、あなたの民泊届出についての疑問解決となれば幸いです。ぜひ、チェックしてみてくださいね。
民泊ビジネスを始めるには、住宅ごとに、次に掲げる事項を記載した届出書を作成して都道府県知事に提出しなければなりません。

  届出書に記載すること

1.商号、名称または氏名及び住所
2.【法人】役員の氏名
3.【未成年】法定代理人の氏名、住所(法定代理人が法人の場合は、法人の商号または名称・住所・法人役員の氏名)
4.住宅の所在地
5.営業所または事務所を設ける場合は、営業所等の名称・所在地
6.委託をする場合は、住宅宿泊管理業者の商号、名称または氏名、登録年月日、登録番号、管理受託契約の内容
7.【個人】生年月日、性別
8.【法人】役員の生年月日、性別
9.未成年の場合は、法定代理人の生年月日、性別(法定代理人が法人の場合は、役員の生年月日、性別)
10.【法人】法人番号
11.住宅宿泊管理業者の場合は、登録年月日、登録番号
12.連絡先
13.住宅の不動産番号
14.住宅宿泊事業法施行規則第2条に掲げる家屋の別
15.一戸建ての住宅、長屋、共同住宅又は寄宿舎の別
16.住宅の規模
17.住宅に人を宿泊させる間不在とならない場合は、そのこと
18.賃借人の場合は、賃貸人が住宅宿泊事業を目的とした転貸を承諾していること
19.転借人の場合は、賃貸人と転貸人が住宅宿泊事業を目的とした転貸を承諾していること
20.区分所有の建物の場合、管理規約に禁止する旨の定めがないこと
管理規約に住宅宿泊事業について定めがない場合は、管理組合に禁止する意思がないこと

  添付書類

届出をする場合に、届出書と一緒に添付して提出する書類は以下のとおりです。

  法人の場合

1.定款または寄付行為
2.登記事項証明書
3.役員が、成年被後見人・被保佐人ではないことの後見等登記事項証明書
4.役員が、成年被後見人・被保佐人とみなされる者ではないこと、破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者ではないことの市町村の長の証明書
5.住宅の登記事項証明書
6.住宅が「入居者の募集が行われている家屋」である場合は、入居者の募集の広告その他の入居者の募集が行われていることを証する書類
7.住宅が「随時その所有者、賃借人又は転借人の居住の用に供されている家屋(別荘やセカンドハウスなど)」である場合は、そのことを証する書類
8.住宅の図面(各設備の位置、間取り及び入口、階、居室・宿泊室・宿泊者の使用に供する部分の床面積)
9.賃借人の場合、賃貸人が承諾したことを証する書類
10.転借人の場合、賃貸人及び転貸人が承諾したことを証する書類
11.区分所有の建物の場合、専有部分の用途に関する規約の写し
12.上記11の場合で、規約に住宅宿泊事業を営むことについて定めがない場合は、管理組合に禁止する意思がないことを証する書類
13.委託する場合は、管理業者から交付された書面の写し
14.欠格事由に該当しないことを誓約する書面

  個人の場合

1.成年被後見人・被保佐人ではないことの後見等登記事項証明書
2.成年被後見人・被保佐人とみなされる者ではないこと、破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者ではないことの市町村の長の証明書
3.未成年者で、その法定代理人が法人である場合は、その法定代理人の登記事項証明書
4.欠格事由に該当しないことを誓約する書面
5.住宅の登記事項証明書
6.住宅が「入居者の募集が行われている家屋」である場合は、入居者募集の広告その他それを証する書類
7.住宅が「随時その所有者、賃借人又は転借人の居住の用に供されている家屋(別荘やセカンドハウスなど)」である場合は、そのことを証する書類
8.住宅の図面(各設備の位置、間取り及び入口、階、居室・宿泊室・宿泊者の使用に供する部分の床面積)
9.賃借人の場合、賃貸人が承諾したことを証する書類
10.転借人の場合、賃貸人及び転貸人が承諾したことを証する書類
11.区分所有の建物の場合、専有部分の用途に関する規約の写し
12.上記11の場合で、規約に住宅宿泊事業を営むことについて定めがない場合は、管理組合に禁止する意思がないことを証する書類
13.委託する場合は、管理業者から交付された書面の写し

The following two tabs change content below.
三木 秋穂
1972年、兵庫県淡路島生まれ。 県立三原高校(現淡路三原高校)、摂南大学法学部卒業。 大学卒業後、測量コンサルタント会社に約20年間勤務。国土調査法に基づく地籍調査、官民有地境界協定申請に伴う境界測量、災害現場を復旧するための測量など約300件の現場に携わる。 農地転用などの土地活用手続きにおいて行政書士資格の必要性があり取得。 現在は、土地を【測る】測量士から暮らしとビジネスの困りごとの解決を【図る】行政書士へ転身し、会社設立、在留資格、遺言相続手続きなどの法務サポーターとして走り続けている。 ランニングをして体力UP&長渕剛の唄を聴いて活力UP。
三木 秋穂

最新記事 by 三木 秋穂 (全て見る)