古物営業法

Tagged
古物商の許可を取ることができないのはこんな人
「古物商の許可を取ることができないのはこんな人」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。古物商の許可を取得するには、欠格事由という一定の基準があってその基準を満たす必要があり、誰でも取得できるという訳ではありません。申請者(個人の場合は本人と管理者、法人の場合は全役員と管理者)が、欠格事由に当てはまる場合は古...
要チェック!!古物商の防犯3大義務
「要チェック!!古物商の防犯3大義務」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。古物商の許可を取得して、いざ営業を始めようとする場合に、必ず守らないといけない防犯上の3大義務(本人確認義務・取引きの記録義務・不正品の申告義務)があります。これらは、盗品の流通を防止するための重要な義務なので、正しく理解して義務を...
忘れちゃいけない!許可証の書換申請と変更届出
「忘れちゃいけない!許可証の書換申請と変更届出」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。許可証に記載されている許可者の氏名や住所、法人の代表者氏名や住所などが変更になった場合は、許可証の書換申請が必要になります。また、その他取扱い品目の変更などがあった場合は、変更の届出が必要になります。また、書換申請、変更届...
外国人も取得できる!古物商許可
「外国人も取得できる!古物商許可」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。外国人個人や外国人の経営する法人が、日本で中古品を売買したり、中古品を買い取って輸出するビジネスを始める場合は、あらかじめ古物商の許可を取得をしておく必要があります。外国人の方も古物商の許可を取得することは可能ですが、在留資格に制限があ...
古物商の標識の様式について
「古物商の標識の様式について」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。標識は、古物営業法法施行規則により様式が定められていて、その様式通りに作らねばなりません。ホームページを利用して古物営業をする場合は、名称等をそのホームページに表示しなければなりません。また、標識は営業所ごとに見やすい場所に掲示しなければな...
古物商の許可申請をしよう!(法人申請編)
「法人で古物商の許可申請をする場合の必要な書類」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。古物の許可申請に必要な書類をチェック!古物商の許可申請は、 許可申請書の他に住民票などの添付書類が必要です。また、 警察署によってさらに追加書類の提出を求められることがあるので事前確認が必要になります。兵庫・明石・淡路島で...
古物商の許可申請をしよう!(個人申請編)
「個人で古物商の許可申請をする場合の必要な書類」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。古物の許可申請に必要な書類をチェック!古物商の許可申請は、 許可申請書の他に住民票などの添付書類が必要です。また、 警察署によってさらに追加書類の提出を求められることがあるので事前確認が必要になります。兵庫・明石・淡路島で...
古物とは?
「古物とは?」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。一度使用された物品、新品でも使用のために取り引きされた物品、またはこれらのものに幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。古物は、古物営業法施行規則により、13品目に分類されています。兵庫・明石・淡路島で古物営業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事...
古物営業のここが知りたいQ&A
「古物営業のここが知りたいQ&A」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。古物営業を始める前や、始めようと思って許可を取得する手続きについてや、許可を取得して営業を始めた後に生じる疑問点について、Q&A方式でまとめてみました。兵庫・明石・淡路島で古物営業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せく...
【改正】古物営業法4つのポイント!
「【改正】古物営業法4つのポイント!」を兵庫・明石・淡路島の古物商許可相談所が徹底解説。営業許可手続きの簡素化、営業制限の見直し、簡易取消し制度の新設、欠格事由に暴力団排除規定を追加するなど、近年の営業所の全国展開の増加など、古物営業の態様の変化等に伴い古物営業法が改正され2018年4月25日に公布されました。兵庫・明...