建設業許可

Tagged
知って納得!建設業許可のキホン
「建設業許可のキホン」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。個人事業主、株式会社、合同会社など、業として建設工事の完成を請け負い、軽微な工事以外の工事を施工する請負業者は、すべて建設業の許可が必要です。兵庫・明石・淡路島で建設業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!
建設業許可取得の3つのメリット!
「建設業許可取得の3つのメリット!」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。建設業の許可を取ると、500万円以上の工事を請負うことができたり、対外的な信用度が上がったり、工事の受注が有利になったりと多くのメリットがあります。兵庫・明石・淡路島で建設業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せくださ...
知事許可と大臣許可の違い
「知事許可と大臣許可の違い」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。知事許可は兵庫県のみに営業所を置く場合、大臣許可は兵庫と東京のように2つ以上の都道府県に営業所を置く場合に必要になります。兵庫県のみに複数の営業所があっても知事許可を受けることになりますが、1か所でも県外に営業所を置く場合には大臣許可が必要に...
特定建設業と一般建設業の違い
「特定建設業と一般建設業の違い」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。特定建設業と一般建設業では、元請として工事を請け負った場合に下請に出せる金額が異なります。発注者から直接請け負った建設工事について、下請金額の総額が4,000万円(建築一式工事の場合は6,000万円)以上となる下請契約を締結して施工しよう...
建設工事全29業種の解説
「建設工事全29業種」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。建設業の許可は、建設工事の業種ごとに行います。建設工事は、土木一式工事と建築一式工事の2つの一式工事及び27の専門工事の全29業種あり、この建設工事の業種ごとに許可を取得する必要があります。営業しようとする業種ごとに取得する必要がありますが、同時に...
新規・更新・業種追加3つの申請区分
「新規・更新・業種追加3つの申請区分」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。建設業許可の申請は、初めて建設業の許可を受ける場合の新規、既に許可を受けている建設業について、有効期間内に申請し、そのままの要件で続けて営業する場合の更新、一般建設業の許可を受けていて、一般建設業の他の業種について許可を受ける場合な...
忘れずに覚えておきたい5年の許可有効期間
「忘れずに覚えておきたい5年の許可有効期間」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。建設業の許可の有効期間は5年間です。このため、5年ごとに申請をして更新を受けなければ許可は失効します。なお、この許可更新は、従前の許可の有効期間が満了する30日前までに更新申請を行うことが必要です。兵庫・明石・淡路島で建設業の...
許可取得のための5つの必須要件
「許可取得のための5つの必須要件」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。建設業の許可を受けるためには、経営業務の管理責任者、営業所の専任技術者、 誠実性、財産的基礎等を備えているという許可要件及び欠格要件に該当しないことが必要です。要件を満たしていることが確認できない場合は、建設業の許可を受けることができま...
【許可要件】経営業務の管理責任者とは?
「経営業務の管理責任者とは?」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。適正な建設業の経営がなされるために、一定期間の経験を有した「経営業務の管理責任者」が最低でも1人は必要になります。兵庫・明石・淡路島で建設業の許可取得をお考えなら、行政書士秋穂法務事務所にお任せください!
【許可要件】専任技術者とは?
「専任技術者とは?」を兵庫・明石・淡路島の建設業許可相談所が徹底解説。建設業の許可を受けるには、営業所ごとに一定の資格または経験を有した者「専任技術者」を設置することが必要です。専任技術者は営業所ごとに専任の者を設置することとされていますので、その営業所に常勤していることが必要です。兵庫・明石・淡路島で建設業の許可取得...